風俗の給料は社会保障はついているのか?

風俗で働く時、社会保障はついているの?風俗の給料について詳しくご説明いたします。 - 風俗の給料は社会保障はついているのか?

風俗の給料は社会保障はついているのか?

htjyjrsvbv
風俗を専業として働く風俗嬢にとっては社会保障がついてくるのかどうか気になっている人も多いのではないでしょうか。風俗の仕事は若いうちならいいですが、ずっとできるというわけではありません。将来のことを考えるとできれば一般企業のように社会保険が充実したところで働く方がいいでしょう。実際に風俗には社会保障がついているでしょうか。

社会保険とはどういうものか?

日本においては正社員として勤めることができれば給料が安定するだけでなく、なかなか会社から辞めさせるということができにくい制度になっていますし、社会保険に加入できるから有利ですし、各種福利厚生が充実しています。正社員として勤めることができればあらゆる面でいい待遇が受けられますし、ステータスという面でも誇れるものになるでしょう。
社会保険というのは厚生年金や健康保険、雇用保険、労災保険などの総合的な制度のことを言い、年金と健康保険については国民であれば絶対に加入するべきものです。正社員として働くことができれば、有利な社会保険制度に加入することができますので、年金のことや疾病が起きたこと、失業したことなどについて何らかの手当てが行われます。社会保険に加入することで何か起きた時にサポートしてくれますので、一生懸命働くことが可能です。

風俗嬢は社会保険については期待できない

風俗嬢の場合は個人事業主という扱いになることが多いですので、上記で挙げた正社員として働くわけではない点に注意してください。そのため、企業が持っている社会保険制度に加入することはできないことになります。そのため、高い風俗給料がもらえる代わりに自分で何かあった時の備えをしておく必要が出てきます。
年金であれば国民年金に加入することになりますし、健康保険であれば国民健康保険に加入することになります。ただし、これらの手続きについては自分で市区町村役場に行って行わないといけません。年金が未納であれば将来の影響が出てきますので、お金があるうちにしっかりと積み立てておく必要があります。国民健康保険の保険料を支払っていないのであれば、性病などの疾病にかかった時に病院にかかることができませんので、自分で手続きを行いましょう。
風俗嬢は雇用保険に入っているわけではありませんので、もしやめるということになった場合に失業保険が期待できない点に注意してください。失業保険が期待できないのであれば、辞めた後にどうやって生活するのかを辞める前に考えておかなければ、場合によっては生活できないということにもなりかねません。そうならないためにも、浪費をするのでなく備えのためにお金を貯めておくといいでしょう。

風俗店が用意してくれる福利厚生がある

風俗店は風俗嬢について社会保険を用意してくれないことが多いですが、福利厚生が受けられることがありますので、受けるための条件に付いて確認してください。風俗嬢はよく賃貸物件を借りることができないという風に言われていますが、福利厚生の一環として寮を用意してくれたりします。その他にも、身内バレや友人バレを防ぐためにもアリバイ会社と契約をしてくれて、アリバイ対策をしてくれたりもします。

風俗の給料は社会保険が天引きされていない

風俗を専業として働いている人に取っては、社会保険が欲しいという風に思うかもしれませんが、給料として社会保険が天引きされているわけではないですので、社会保険については期待せずに自分であらかじめ備えをしておきましょう。

Copyright(C)2016 風俗の給料は社会保障はついているのか? All Rights Reserved.